距離データに対するNDTを用いた高速な差分検出手法の提案:―屋内・屋外環境での差分検出精度の検証―

桂 右京, 松本 耕平, 河村 晃宏, 倉爪 亮, 石上 智英, 岡田 典

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

<p>This research aims to develop a high-speed spatial change detection technique using point clouds and NDT (Normal Distributions Transform). Three techniques are introduced to make the proposed system robust for noise, that is, classification of point distribution, overlapping of voxels, and voting using consecutive sensing. This paper describes the results of performance verification of spatial change detection in indoor and outdoor environments.</p>
寄稿の翻訳タイトルHigh-speed spatial change detection using point clouds and NDT:-Performance verification of spatial change detection in indoor and outdoor environments-
本文言語日本語
ページ(範囲)2A1-R08
ジャーナルロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
2019
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2019

フィンガープリント

「距離データに対するNDTを用いた高速な差分検出手法の提案:―屋内・屋外環境での差分検出精度の検証―」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル