情報化とグローバル化の大奔流を地方創生にどう活かすか

ネットと結びついたインバウンド消費とふるさと納税の取り組み事例

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

元の言語Japanese
ホスト出版物のタイトル明日の地方創生を考える
出版場所Tokyo, JAPAN
出版者Toyo Keizai Inc.
ページ106-131
ページ数26
ISBN(印刷物)978-4492212226
出版物ステータス出版済み - 12 2015

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • Social Sciences(all)

これを引用

情報化とグローバル化の大奔流を地方創生にどう活かすか : ネットと結びついたインバウンド消費とふるさと納税の取り組み事例. / Shinozaki, Akihiko.

明日の地方創生を考える. Tokyo, JAPAN : Toyo Keizai Inc., 2015. p. 106-131.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

@inbook{108361959ed84caa9f3544fb2401ca34,
title = "情報化とグローバル化の大奔流を地方創生にどう活かすか: ネットと結びついたインバウンド消費とふるさと納税の取り組み事例",
author = "Akihiko Shinozaki",
year = "2015",
month = "12",
language = "Japanese",
isbn = "978-4492212226",
pages = "106--131",
booktitle = "明日の地方創生を考える",
publisher = "Toyo Keizai Inc.",

}

TY - CHAP

T1 - 情報化とグローバル化の大奔流を地方創生にどう活かすか

T2 - ネットと結びついたインバウンド消費とふるさと納税の取り組み事例

AU - Shinozaki, Akihiko

PY - 2015/12

Y1 - 2015/12

M3 - 章

SN - 978-4492212226

SP - 106

EP - 131

BT - 明日の地方創生を考える

PB - Toyo Keizai Inc.

CY - Tokyo, JAPAN

ER -