In-cell covalent labeling of reactive his-tag fused proteins

Shohei Uchinomiya, Hiroshi Nonaka, Sho Wakayama, Akio Ojida, Itaru Hamachi

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

42 被引用数 (Scopus)

抄録

A new method for in-cell protein labeling was developed. This method employed a binding-induced nucleophilic reaction between the Cys-appended His-tag and the Ni(ii)-NTA containing an α-chloroacetamide. Using this method, not only labeling of His-tag fused proteins but also the detection of a protein-protein interaction was achieved inside living cells.

本文言語英語
ページ(範囲)5022-5024
ページ数3
ジャーナルChemical Communications
49
44
DOI
出版ステータス出版済み - 5月 7 2013

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「In-cell covalent labeling of reactive his-tag fused proteins」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル