カックロール(Momordica dioica Roxb.) の八倍体作出

長 泰弘, 尾崎 行生, 大久保 敬, 松田 鹿徳

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

カックロールの八倍体作出を目的とし、倍加処理方法を検討するとともに、得られた倍加個体の特性を調べた。コルヒチン0.2%、0.4%、もしくはアミプロホスメチル0.003%の種子浸漬処理により八倍体が得られた。なかでも最も効果が高かったのはコルヒチン0.4%処理であった。また、アミプロホスメチル0.003%処理区では発芽率がほとんど低下することなく八倍体が得られた。多芽体浸漬処理ではコルヒチン0.05%・12時間、24時間処理区および0.1%・24時間処理区の処理2ヶ月後のシュートからそれぞれ1個体ずつ、計3個体の八倍体が得られた。得られた八倍体は四倍体よりも葉長、葉幅が長く、葉形指数が小さかった。また八倍体では鋸葉が明瞭である、葉の表面の凹凸が顕著であるなどの特徴が観察され、四倍体よりも孔辺細胞が大きかった。
寄稿の翻訳タイトルInduction of Octoploids in Kakrol (Momordica dioica Roxb.)
本文言語日本語
ページ(範囲)55-61
ページ数7
ジャーナルSCI. BULL. FAC. AGRIC. KYUSHU UNIV.
61
1
出版ステータス出版済み - 2 2006

引用スタイル