Inner c-arylation of a doubly n-confused porphyrin-pd complex in toluenethe possibility of a pd3+ intermediate

Hiroyuki Furuta, Hiromitsu Maeda, Atsuhiro Osuka, Mikio Yasutake, Teruo Shinmyozu, Yuichi Ishikawa

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

61 被引用数 (Scopus)

抄録

An inner C-tolyl substituted Pd2+ complex of a doubly N-confused porphyrin (N2CP) was obtained from the reaction of N2CP and Pd(OAc)2 in toluene and the structure was revealed by a single crystal X-ray analysis.

本文言語英語
ページ(範囲)1143-1144
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
13
DOI
出版ステータス出版済み - 7月 7 2000
外部発表はい

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Inner c-arylation of a doubly n-confused porphyrin-pd complex in toluenethe possibility of a pd3+ intermediate」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル