Iron-rich halloysite (10A) with crumpled lamellar morphology from Hokkaido, Japan.

S. I. Wada, C. Mizota

研究成果: Contribution to journalArticle査読

30 被引用数 (Scopus)

抄録

A morphologically new type of halloysite is reported and illustrated from a weathered pumice bed dated as 8490 + or - 50 yr B.P. The halloysite appears to have formed directly from volcanic glass. -D.F.B.

本文言語英語
ページ(範囲)315-317
ページ数3
ジャーナルClays & Clay Minerals
30
4
DOI
出版ステータス出版済み - 1982

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 水の科学と技術
  • 土壌科学
  • 地球化学および岩石学
  • 地球惑星科学(その他)

フィンガープリント

「Iron-rich halloysite (10A) with crumpled lamellar morphology from Hokkaido, Japan.」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル