(34) クワ炭疽病病斑部から抽出される毒素の単離および病原性への役割 (平成11年度 日本植物病理学会大会)

吉田 重信, 平舘 俊太郎, 白田 昭, 藤井 義晴, 村上 理都子, 矢澤 盈男

研究成果: Contribution to journalArticle

寄稿の翻訳されたタイトルIsolation of Toxins Extracted from Lesions of Mulberry Leaves Inoculated with Colletorichum dematium, and Role of the Toxins in Pathogenicity
元の言語Japanese
ページ(範囲)329
ジャーナル日本植物病理學會報
65
発行部数3
出版物ステータス出版済み - 6 25 1999

これを引用