教育ビッグデータの利活用に向けた学習ログの蓄積と分析

緒方 広明, 殷 成久, 毛利 考佑, 大井 京, 島田 敬士, 大久保 文哉, 山田 政寛, 小島 健太郎

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

Educational Big Data (EBD) and Learning Analytics (LA) have being attracted enormous attention in recent years. Data collection process is the first step of EBD and LA. Based on the data source, data collection can be classified into two categories: manual data collection, and automatic data collection. This paper describes two educational systems: SCROLL (System for Capturing, Reusing, Reminding Of Learning Logs) as manual data collection and, M2B (Moodle, Mahara, Booklooper) as automatic data collection.
寄稿の翻訳タイトルLearning Analytics towards the Usage of Educational Big Data
本文言語日本語
ページ(範囲)58-66
ページ数9
ジャーナル教育システム情報学会誌
33
2
DOI
出版ステータス出版済み - 2016

フィンガープリント

「教育ビッグデータの利活用に向けた学習ログの蓄積と分析」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル