エージェントの概念に基づいた長時間トランザクション管理

浅野 正靖, 牛尼 剛聡, 渡邊 豊英

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

従来、データベースは単一の処理要求を効率的に実行することが主な利用法であった。しかし、データベースに対する処理要求が複雑になるにつれ、また適用業務が拡大するにつれ、複数の関連し合う処理要求を統合的に扱う必要性が高まっている。このような処理要求を長時間トランザクション(long-lived transaction)と言うが、長時間トランザクションを効果的に実行可能とする枠組みを本稿では提案する。我々のアプローチは関連する処理要求を長時間トランザクション層、トランザクション層、アクション層の三階層モデルで実行制御し、段階的に細分化されて実行される処理要求をエージェント指向概念の基に実行する。このような枠組みにより、階層モデルを用いた長時間トランザクション処理に対する柔軟制御の問題を効果的、効率的な実行制御法を実現可能としている。
寄稿の翻訳タイトルLong-lived Transaction Management Based on Agent-oriented Concepts
本文言語Japanese
ページ(範囲)51-52
ページ数2
ジャーナル全国大会講演論文集
53
0
出版ステータス出版済み - 9 4 1996

引用スタイル