<隠解>という方法--宝暦期大坂の古義学者と徒然草 (特集 江戸人の「誤読」)

研究成果: Contribution to journalArticle

本文言語日本語
ページ(範囲)33-47
ページ数15
ジャーナル江戸文学
36
出版ステータス出版済み - 6 2007

引用スタイル