テトラアリールエチレン系両親媒性分子によるリオトロピック液晶相の発現

三谷 育恵, 樋口 博紀, 菊池 裕嗣

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

Tetraarylethylene has a flat aromatic moiety, whose derivatives display discotic columnar phase because of pi-pi interaction between aromatic cores. In a mixture of a solvent and an amphiphilic compound that both hydrophilic and hydrophobic side chains are connected to this mesogen, the difference in affinity of the side chains to the solvent leads to lyotropic liquid crystals. In this research, the phase behavior, specially appearance of a lyotropic mesophase, of amphiphilic compounds with tetraarylethylene is evaluated.
寄稿の翻訳タイトルLyotropic Mesomorphism of Tetraarylethylene Amphiphilic Derivaitves
本文言語日本語
ページ(範囲)164-164
ページ数1
ジャーナル日本液晶学会討論会講演予稿集
2007
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2007

フィンガープリント

「テトラアリールエチレン系両親媒性分子によるリオトロピック液晶相の発現」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル