Micellar catalysis of oxidation of nitroethane by isoalloxazine (flavin)

Seiji Shinkai, Yoshiharu Sakuma, Fumio Yoneda

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

10 被引用数 (Scopus)

抄録

Oxidation of nitroethane by flavins to acetaldehyde and nitrite ion, usually not possible in nonenzymatic systems, does take place with an isoalloxazine (flavin) bound to a cationic micelle.

本文言語英語
ページ(範囲)986-987
ページ数2
ジャーナルJournal of the Chemical Society, Chemical Communications
23
DOI
出版ステータス出版済み - 1976

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 分子医療

フィンガープリント

「Micellar catalysis of oxidation of nitroethane by isoalloxazine (flavin)」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル