福岡演習林の見本林(1)

井上 幸子, 大崎 繁, 壁村 勇二, 扇 大輔, 大東 且人, 浦 正一, 中江 透, 榎木 勉

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

九州大学農学部附属演習林福岡演習林第9次森林管理計画書(2015~2024年度)において指定された見本林のうち,陣馬の大杉見本林とヌマスギ見本林について,2015 年度に設定と概要調査を行った。その結果,陣馬の大杉見本林では,高齢のスギが平均直径63cm,平均樹高29m,立木密度194本/ha だった。ヌマスギ見本林は,40年生で平均直径51cm,平均樹高21mだった。The ninth Kasuya Research Forest Management Plan (2015-2024) designated the conservation and monitoring of model forests in Kasuya Research Forest. In 2015, we surveyed the Jimba-no-oosugi (Cryptomeria japonica) model forest and Tacodium distichum model forests. The mean diameter at breast height, tree height and tree density in the Jimba-no-oosugi model forest were 63cm, 29m and 194 trees/ha, respectively. The mean diameter at breast height and tree height in the Tacodium distichum model forest were 51cm and 21m, respectively.
寄稿の翻訳タイトルModel Forests in Kasuya Research Forest(1)
本文言語日本語
ページ(範囲)13-16
ページ数4
ジャーナルBulletin of the Kyusyu University Forests
98
出版ステータス出版済み - 3 2017

フィンガープリント

「福岡演習林の見本林(1)」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル