状態方程式の離散化に基づくチュックコンバータのモデル化と実験によるその妥当性の検証

松田 雄介, 蛯原 義雄, 萩原 朋道

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

本稿では,状態方程式の離散化に基づくチュックコンバータのモデル化手法を提案する.チュックコンバータには制御スイッチと状態依存スイッチがあり,スイッチの動作に伴い等価回路が遷移する.そこで,各等価回路の振舞を表す状態方程式を離散化し,サンプル点上での電流, 電圧値を解析することで,時間と状態に応じた遷移を実現するモデルを構築する.また,実際に回路を作成し,実験結果とモデルによるシミュレーション結果を比較することで,モデルの妥当性を検証する.
寄稿の翻訳タイトルModeling of Cuk Converters based on Discretization ofState Equations and Its Experimental Verification
本文言語日本語
ページ(範囲)179-179
ページ数1
ジャーナルシステム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集
8
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2008

引用スタイル