Multinuclear NMR study on the sol-gel transition of gellan gum

M. Annaka, J. I. Honda, T. Nakahira, H. Seki, M. Tokita

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

17 被引用数 (Scopus)

抄録

A multinuclear NMR study was carried out to study the interaction between group I cations (Na+, K+, and Rb+) and gellan gum. It was found that the NMR parameters of 39K and 87Rb ions undergo an abrupt change in the vicinity of the sol-gel transition temperature. On the other hand, the NMR parameters of 23Na do not show any singular behavior. These results suggest that 39K and 87Rb ions (so-called gel-forming cations) selectively interact with gellan gum.

本文言語英語
ページ(範囲)25-30
ページ数6
ジャーナルProgress in Colloid and Polymer Science
114
DOI
出版ステータス出版済み - 1999

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 物理化学および理論化学
  • 有機化学
  • ポリマーおよびプラスチック
  • コロイド化学および表面化学
  • 材料化学

フィンガープリント

「Multinuclear NMR study on the sol-gel transition of gellan gum」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル