On a class of best-choice problems

Boris A. Berezovskiy, Yuliy M. Baryshnikov, Alexander V. Gnedin

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

3 被引用数 (Scopus)

抄録

Consideration is given to a new generalized version of the familiar best-choice problem, related to the well-known collective-choice-theory conception of choice function. Certain classes of stopping rules are introduced, and the probability of selecting one of the best (with respect to a given choice function) alternatives is estimated. This work is an approach to choice theory from the viewpoint of statistical sequential analysis.

本文言語英語
ページ(範囲)111-127
ページ数17
ジャーナルInformation sciences
39
1
DOI
出版ステータス出版済み - 8月 1986
外部発表はい

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • ソフトウェア
  • 制御およびシステム工学
  • 理論的コンピュータサイエンス
  • コンピュータ サイエンスの応用
  • 情報システムおよび情報管理
  • 人工知能

フィンガープリント

「On a class of best-choice problems」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル