ゲルマン語強変化動詞V類過去複数形に散発的に見られる語根末摩擦音の有声化について : *wes- 'be, stay, dwell'の事例を中心に

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)3-20
ページ数18
ジャーナル歴史言語学 = Historical linguistics in Japan
発行部数2
出版物ステータス出版済み - 11 30 2013

これを引用

@article{0df3fd8deae6484a8223e714ae29d0f5,
title = "ゲルマン語強変化動詞V類過去複数形に散発的に見られる語根末摩擦音の有声化について : *wes- 'be, stay, dwell'の事例を中心に",
author = "俊也 田中",
year = "2013",
month = "11",
day = "30",
language = "Japanese",
pages = "3--20",
journal = "歴史言語学 = Historical linguistics in Japan",
issn = "2187-4859",
publisher = "日本歴史言語学会 ; 2012-",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - ゲルマン語強変化動詞V類過去複数形に散発的に見られる語根末摩擦音の有声化について : *wes- 'be, stay, dwell'の事例を中心に

AU - 田中, 俊也

PY - 2013/11/30

Y1 - 2013/11/30

M3 - 記事

SP - 3

EP - 20

JO - 歴史言語学 = Historical linguistics in Japan

JF - 歴史言語学 = Historical linguistics in Japan

SN - 2187-4859

IS - 2

ER -