PARK MANAGEMENT EVOLVED FROM PROJECT AGREEMENT BASED ON INSTALLATION-MANAGEMENT PERMISSION: CASE OF TENSHIBA, ENTRANCE AREA OF TENNOJI PARK

寄稿の翻訳タイトル: 設置管理許可制度に基づく事業協定によるパークマネジメントの展開:天王寺公園エントランスエリア「てんしば」を事例に

HSIAO Hongwei

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

抄録

This study focuses on the park management evolved from the park renewal project based on the agreement of installation-management permission in Tennoji park. The park management of Tennoji park is composed of hardware tasks and software tasks. First, this study makes clear the process and characteristics of hardware tasks. Second, this study verifies the details and achievement of software tasks including cleaning, security, lawn and planting management as well as events held in Tenshiba under the cooperation with other local actors. Finally, this study evaluates the outcome of park management based on the questionnaire.

寄稿の翻訳タイトル設置管理許可制度に基づく事業協定によるパークマネジメントの展開:天王寺公園エントランスエリア「てんしば」を事例に
本文言語未定義/不明
ページ(範囲)353-358
ページ数6
ジャーナルAIJ Journal of Technology and Design
26
62
DOI
出版ステータス出版済み - 2月 2020
外部発表はい

フィンガープリント

「設置管理許可制度に基づく事業協定によるパークマネジメントの展開:天王寺公園エントランスエリア「てんしば」を事例に」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル