係数行列のビット表現による疎行列反復解法の高速化(<特集>注目研究in CFD28,<特集>第28回数値流体力学シンポジウム)

小野 謙二, Ono Kenji, 理化学研究所計算科学研究機構, Institute for Computational Science Advanced

    研究成果: Contribution to journalArticle

    寄稿の翻訳タイトルPerformance improvement of iterative solver using bit-representation of sparse matrices(<Special Review>Selected Researches in CFD28)
    本文言語日本語
    ページ(範囲)119-123
    ページ数5
    ジャーナルながれ : 日本流体力学会誌 = Journal of Japan Society of Fluid Mechanics
    34
    2
    出版ステータス出版済み - 4 25 2015

    引用スタイル