pH-Dependent ion permeability control of a modified amphotericin B channel through metal complexation

Tomomi Koshiyama, Yuki Inoue, Sana Asada, Koki Kawahara, Shogo Ide, Kazuma Yasuhara, Masaaki Ohba

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

抄録

Amphotericin B incorporating 2,2'-bipyridine (bpy-AmB) forms a membrane channel exhibiting pH-dependent Ca2+ion permeability with a selective response to Cu2+ions. The coordination structure at bpy sites depends on the pH and metal ions can control the association state of bpy-AmB in the membrane.

本文言語英語
ページ(範囲)2895-2898
ページ数4
ジャーナルChemical Communications
57
23
DOI
出版ステータス出版済み - 3月 21 2021

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「pH-Dependent ion permeability control of a modified amphotericin B channel through metal complexation」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル