和辻哲郎の言語哲学 : 「日本語で哲学する」ことの前提認識をめぐって

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)61-84
ページ数24
ジャーナル哲学論文集
51
DOI
出版物ステータス出版済み - 9 2015

これを引用

和辻哲郎の言語哲学 : 「日本語で哲学する」ことの前提認識をめぐって. / 飯嶋裕治.

:: 哲学論文集, 巻 51, 09.2015, p. 61-84.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{1a7a4c33e7bd41c5a4aaba51007b7d9d,
title = "和辻哲郎の言語哲学 : 「日本語で哲学する」ことの前提認識をめぐって",
author = "裕治 飯嶋",
year = "2015",
month = "9",
doi = "10.15017/1564297",
language = "Japanese",
volume = "51",
pages = "61--84",
journal = "哲学論文集",
issn = "0285-774X",
publisher = "九州大学哲学会",

}

TY - JOUR

T1 - 和辻哲郎の言語哲学 : 「日本語で哲学する」ことの前提認識をめぐって

AU - 飯嶋, 裕治

PY - 2015/9

Y1 - 2015/9

U2 - 10.15017/1564297

DO - 10.15017/1564297

M3 - 記事

VL - 51

SP - 61

EP - 84

JO - 哲学論文集

JF - 哲学論文集

SN - 0285-774X

ER -