和辻哲郎の言語哲学 : 「日本語で哲学する」ことの前提認識をめぐって

研究成果: Contribution to journalArticle査読

寄稿の翻訳タイトルPhilosophy of Language of Tetsuro Watsuji: Focusing on Ontological Premises for "Philosophizing in Japanese"
本文言語Japanese
ページ(範囲)61-84
ページ数24
ジャーナル哲学論文集
51
DOI
出版ステータス出版済み - 9 2015

引用スタイル