高速・低消費電力化を目指す次世代PON技術

葉玉 寿弥, 吉本 直人, 木村 俊二, 可児 淳一

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

ブロードバンドサービスの普及が進んでいる.日本では一般家庭向けに既に1Gbit/sクラスのブロードバンドネットワークアクセスサービスが提供されている.多チャネル映像サービスやディジタルデータの高速転送を実現できる更なる高速大容量ネットワークアクセスシステムとして,10Gbit/s級のPassive Optical Network(PON)が実用化されようとしている.本稿では,PONの標準化動向を概説し,次世代の40G・100Gbit/s級光アクセスシステム技術を展望する.更に,通信ネットワークの低消費電力化の社会的要請に応えるPONの低消費電力化技術に関する研究成果を紹介する.
寄稿の翻訳タイトルPON Technologies for Energy Efficient Broadband Network Infrastructure
本文言語Japanese
ページ(範囲)62-67
ページ数6
ジャーナルJournal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
95
1
出版ステータス出版済み - 1 1 2012

引用スタイル