Preparation and reactivity of molybdenum complexes bearing pyrrole-based PNP-type pincer ligand

Yoshiaki Tanabe, Yoshiya Sekiguchi, Hiromasa Tanaka, Asuka Konomi, Kazunari Yoshizawa, Shogo Kuriyama, Yoshiaki Nishibayashi

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

9 被引用数 (Scopus)

抄録

Molybdenum complexes bearing an anionic pyrrole-based PNP-type pincer ligand have been prepared and have been found to work as catalysts for the conversion of N2 into NH3 under ambient conditions. This journal is

本文言語英語
ページ(範囲)6933-6936
ページ数4
ジャーナルChemical Communications
56
51
DOI
出版ステータス出版済み - 6月 28 2020

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Preparation and reactivity of molybdenum complexes bearing pyrrole-based PNP-type pincer ligand」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル