形状の異なる三種の獣害防除ネットにおけるスギ苗木保護効果の比較

鍜冶 清弘, 井上 幸子, 久保田 勝義, 椎葉 康喜, 壁村 勇二, 馬渕 哲也, 内海 泰弘, 榎木 勉, 熊谷 朝臣

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

宮崎演習林では1985年頃から新植地の苗木に対するシカの食害が目立つようになり, 市販の有害獣防護ネットの設置を継続している。本報告ではスギの新植地において形状の異なる3種のネットを設置し, 4年後にその獣害防除効果を比較した。その結果, ネットで囲わなかった苗木と比較してネットで囲った苗木の食害率は低かった。一方, 枯死率と成長量にはネットの効果や, ネットの形状による差は認められなかった。Three types of obstruction net for animals were placed around Cryptomeria japonica seedlings in Shiiba Research Forest, which have intensive deer feeding problem to seedling for around 25years. After four years protection, feeding rate for seedling was lower in the nets than outside. There was no significant difference between each net type for growth rate and dieback rate of seedling.
寄稿の翻訳タイトルProtection effect of three obstruction nets from animals for cryptomeria japonica seedling
本文言語日本語
ページ(範囲)19-23
ページ数5
ジャーナルBulletin of the Kyusyu University Forests
91
DOI
出版ステータス出版済み - 3 2010

引用スタイル