北海道開拓使官有物払下げ事件についての再検討: 誰が情報をリークしたのか

研究成果: Contribution to journalArticle

抜粋

明治十四年政変の直接的な切っ掛けとして知られる北海道開拓使官有物払下げ事件について、開拓史から民間への払下げが誰によって情報リークされたのかという点についての考察を行った。従来、政府内の大隈重信および其の禁煙からの情報リークが推定されていたが、それに対して、関西貿易社内にあって払下げに反対であった広瀬宰平を情報リーク者として特定した。その上で、広瀬宰平-川田小一郎(三菱)-河野敏鎌-大隈重信という情報リークのルートを推定して問題提起を行った。
寄稿の翻訳されたタイトルReexamination of the Disposal Incident of the Government-Owned Property by the Hokkaido Development Commission: Who Leaked the Information?
元の言語Japanese
ページ(範囲)177-196
ページ数20
ジャーナル経済学研究
80
発行部数5
DOI
出版物ステータス出版済み - 3 2014

これを引用