九州大学福岡演習林における樹木フェノロジーと積算温度との関係

榎木 勉, 壁村 勇二, 大崎 繁, 鍜治 清弘, 長澤 久視, 山内 康平, 井上 幸子, 古賀 信也, 田代 直明

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

九州大学農学部附属演習林福岡演習林では10林班に生育するコナラ(2個体)、ソメイヨシノ(1個体)、ケヤキ(1個体)、コブシ(1個体)の計5個体を対象に樹木フェノロジーを観測してきた。2004年から2010年にかけてデジタルカメラにより撮影された画像をもとに展葉および落葉の季節パターンを検討した結果、ケヤキの展葉期およびコナラの落葉期が他の種と比べて遅い傾向が見られた。いずれの調査木も展葉のほうが落葉よりも温度依存性が高く、落葉には風など温度以外の要因が影響していた。展葉期の温度依存性はソメイヨシノとコブシが高く、コナラとケヤキで低かった。We have been monitoring the tree phenology of five individual trees; Quercus serrata Murray (two trees), Cerasus x yedoensis (Matsum.) A. V. Vassil, Zelkova serrata (Thinb.) Makino and Magnolia kobus DC. in the Kasuya Research Forest, Kyushu University. We analyzed the patterns of foliation and defoliation using the image pictures taken from the ground. The foliation of Z. serrate and the defoliation of a Q. serrate tree were later than the other trees. The temperature dependence of foliation was larger than that of defoliation for all trees. The defoliation was affected by strong winds other than temperature. C. x yedoensis and M. kobus showed larger temperature dependence of the foliation comparing with Q. serrata and Z. serrata.
寄稿の翻訳タイトルRelationship between tree phenology and cumulative temperature in the Kasuya Research Forest, Kyushu University
本文言語日本語
ページ(範囲)65-68
ページ数4
ジャーナルBulletin of the Kyusyu University Forests
95
DOI
出版ステータス出版済み - 3 30 2014

引用スタイル