注意欠陥・多動性障害児の原因帰属に関する研究動向--方法論を中心に

研究成果: Contribution to journalArticle

寄稿の翻訳タイトルReview of causal attributions in children and adults with attention deficit hyperactivity disorder in terms of method
本文言語日本語
ページ(範囲)233-246
ページ数14
ジャーナル東北大学大学院教育学研究科研究年報
59
2
出版ステータス出版済み - 6 2011

引用スタイル