Ruthenium-catalyzed intermolecular hydroamination of terminal alkynes with anilines: A practical synthesis of aromatic ketimines

Makoto Tokunaga, Markus Eckert, Yasuo Wakatsuki

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

140 被引用数 (Scopus)
本文言語英語
ページ(範囲)3222-3225
ページ数4
ジャーナルAngewandte Chemie - International Edition
38
21
DOI
出版ステータス出版済み - 11月 2 1999
外部発表はい

All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 化学 (全般)

引用スタイル