21世紀初頭の衛星海面高度計

市川 香, Ichikawa Kaoru, 九州大学応用力学研究所, Institute for Applied Mechanics Kyushu University Research

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抜粋

TOPEX/PoseidonとERS-1衛星によって,海洋研究用の衛星海面高度計の運用が本格的に開始したのは,20世紀も終わり近くの1992年であった。それからわずか10年足らずのうちに,海面高度計は20世紀の海洋物理学を推進させた代表的な海洋観測測器の一つとなった。その海面高度計に,ここ数年,新しい動きが出はじめている。本稿では,これまでの海面高度計の歴史を簡単に振り返りながら,海面高度計と海洋研究の今後の展望を探る。In 1992, the satellite altimetry started high-precision sea surface height observations. Within ten years since then, satellite altimeters had become one of the most significant instruments that advanced the physical oceanography in the 20th century. In this paper, the perspective of the satellite altimetry in the early 21st century is discussed with simple review of its history.
寄稿の翻訳されたタイトルSatellite altimeters in the early 21st Century
元の言語Japanese
ページ(範囲)13-27
ページ数15
ジャーナル海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)
23
発行部数1
出版物ステータス出版済み - 1 15 2014

これを引用

市川香, Kaoru, I., 九州大学応用力学研究所, & Research, I. F. A. M. K. U. (2014). 21世紀初頭の衛星海面高度計. 海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan), 23(1), 13-27. http://id.ndl.go.jp/bib/025357386