意味的アフィン変換:重ね合わせ操作による直感的なコンテンツ融合モデル

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

日常空間には様々な情報表現 (コンテンツ) が存在し,人はそれらを利用して情報活動を行う.そうした際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.本研究では,実空間上に存在する複数のコンテンツを,カメラ付き携帯電話を利用して重ね合わせる操作によって,相互の意味内容に基づいて仮想的に情報を融合し提示する Pick and Lap 手法を提案する.本手法を実現するために,コンテンツの仮想的な融合の一般的なモデルとして,意味的アフィン変換を提案する.2 次元アフィン変換は,2 次元平面上の平行移動,回転,拡大縮小,剪断を表現するために利用される幾何変換であるが,意味的アフィン変換では,コンテンツの重ね合わせの対象となる 2 つのコンテンツの意味内容に基づいてアフィン変換のパラメータを決定することで,コンテンツが融合可能となる.Various presentations of information (contents) exist in our daily life, and we use them for activities.In this case, we often integrate the information included in multiple contents.In this paper, we propose the "Pick-and-Lap" technique that enables users to virtually integrate information based on the semantic relationships of the contents, by means of overlapping one content with another using a camera phone.To develop systems based on the Pick-and-Lap technique , we introduce Semantic Affine Transform as a general model for integrating contents virtually.The affine transform is a popular geometric transform to express the parallel transfer, rotation, scaling and shearing.The semantic affine transform allows to integrate two overlapped contents based on the parameters of affine transform that are decided according to the semantic relationships among the contents.
元の言語Japanese
ページ(範囲)1-8
ページ数8
ジャーナル研究報告データベースシステム(DBS)
2010
発行部数26
出版物ステータス出版済み - 11 5 2010

これを引用

@article{d9120b3491ec4f30a91c151c3dbdd2f9,
title = "意味的アフィン変換:重ね合わせ操作による直感的なコンテンツ融合モデル",
abstract = "日常空間には様々な情報表現 (コンテンツ) が存在し,人はそれらを利用して情報活動を行う.そうした際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.本研究では,実空間上に存在する複数のコンテンツを,カメラ付き携帯電話を利用して重ね合わせる操作によって,相互の意味内容に基づいて仮想的に情報を融合し提示する Pick and Lap 手法を提案する.本手法を実現するために,コンテンツの仮想的な融合の一般的なモデルとして,意味的アフィン変換を提案する.2 次元アフィン変換は,2 次元平面上の平行移動,回転,拡大縮小,剪断を表現するために利用される幾何変換であるが,意味的アフィン変換では,コンテンツの重ね合わせの対象となる 2 つのコンテンツの意味内容に基づいてアフィン変換のパラメータを決定することで,コンテンツが融合可能となる.Various presentations of information (contents) exist in our daily life, and we use them for activities.In this case, we often integrate the information included in multiple contents.In this paper, we propose the {"}Pick-and-Lap{"} technique that enables users to virtually integrate information based on the semantic relationships of the contents, by means of overlapping one content with another using a camera phone.To develop systems based on the Pick-and-Lap technique , we introduce Semantic Affine Transform as a general model for integrating contents virtually.The affine transform is a popular geometric transform to express the parallel transfer, rotation, scaling and shearing.The semantic affine transform allows to integrate two overlapped contents based on the parameters of affine transform that are decided according to the semantic relationships among the contents.",
author = "十季 武田 and 玲治 鶴野 and 剛聡 牛尼",
year = "2010",
month = "11",
day = "5",
language = "Japanese",
volume = "2010",
pages = "1--8",
journal = "研究報告データベースシステム(DBS)",
publisher = "一般社団法人情報処理学会",
number = "26",

}

TY - JOUR

T1 - 意味的アフィン変換:重ね合わせ操作による直感的なコンテンツ融合モデル

AU - 武田, 十季

AU - 鶴野, 玲治

AU - 牛尼, 剛聡

PY - 2010/11/5

Y1 - 2010/11/5

N2 - 日常空間には様々な情報表現 (コンテンツ) が存在し,人はそれらを利用して情報活動を行う.そうした際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.本研究では,実空間上に存在する複数のコンテンツを,カメラ付き携帯電話を利用して重ね合わせる操作によって,相互の意味内容に基づいて仮想的に情報を融合し提示する Pick and Lap 手法を提案する.本手法を実現するために,コンテンツの仮想的な融合の一般的なモデルとして,意味的アフィン変換を提案する.2 次元アフィン変換は,2 次元平面上の平行移動,回転,拡大縮小,剪断を表現するために利用される幾何変換であるが,意味的アフィン変換では,コンテンツの重ね合わせの対象となる 2 つのコンテンツの意味内容に基づいてアフィン変換のパラメータを決定することで,コンテンツが融合可能となる.Various presentations of information (contents) exist in our daily life, and we use them for activities.In this case, we often integrate the information included in multiple contents.In this paper, we propose the "Pick-and-Lap" technique that enables users to virtually integrate information based on the semantic relationships of the contents, by means of overlapping one content with another using a camera phone.To develop systems based on the Pick-and-Lap technique , we introduce Semantic Affine Transform as a general model for integrating contents virtually.The affine transform is a popular geometric transform to express the parallel transfer, rotation, scaling and shearing.The semantic affine transform allows to integrate two overlapped contents based on the parameters of affine transform that are decided according to the semantic relationships among the contents.

AB - 日常空間には様々な情報表現 (コンテンツ) が存在し,人はそれらを利用して情報活動を行う.そうした際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.本研究では,実空間上に存在する複数のコンテンツを,カメラ付き携帯電話を利用して重ね合わせる操作によって,相互の意味内容に基づいて仮想的に情報を融合し提示する Pick and Lap 手法を提案する.本手法を実現するために,コンテンツの仮想的な融合の一般的なモデルとして,意味的アフィン変換を提案する.2 次元アフィン変換は,2 次元平面上の平行移動,回転,拡大縮小,剪断を表現するために利用される幾何変換であるが,意味的アフィン変換では,コンテンツの重ね合わせの対象となる 2 つのコンテンツの意味内容に基づいてアフィン変換のパラメータを決定することで,コンテンツが融合可能となる.Various presentations of information (contents) exist in our daily life, and we use them for activities.In this case, we often integrate the information included in multiple contents.In this paper, we propose the "Pick-and-Lap" technique that enables users to virtually integrate information based on the semantic relationships of the contents, by means of overlapping one content with another using a camera phone.To develop systems based on the Pick-and-Lap technique , we introduce Semantic Affine Transform as a general model for integrating contents virtually.The affine transform is a popular geometric transform to express the parallel transfer, rotation, scaling and shearing.The semantic affine transform allows to integrate two overlapped contents based on the parameters of affine transform that are decided according to the semantic relationships among the contents.

M3 - 記事

VL - 2010

SP - 1

EP - 8

JO - 研究報告データベースシステム(DBS)

JF - 研究報告データベースシステム(DBS)

IS - 26

ER -