事例に基づくストロークリカバリ

岩切 裕太郎, 馮 尭楷, 内田 誠一

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

本研究では,事例に基づくストロークリカバリについて検討する。ストロークリカバリとは,画像化された手書き文字から筆記順序を復元する作業のことで、手書き文字認識の分野で広く研究されている.本手法では,まずオンライン文字データから得た文字の生成過程の画像を事例として大量に準備しておく.そして,入力画像の文字部分の一部を削った画像と生成過程の事例とを比較することで,1ステップ前の文字の生成過程を推定し,この作業繰り返すことで全体の筆記順序を推定する.本稿では復元結果と今後の課題について報告する.
寄稿の翻訳タイトルStroke Recovery by Instance Images
本文言語未定義
ページ(範囲)371-371
ページ数1
ジャーナル電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
2011
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2011

フィンガープリント

「事例に基づくストロークリカバリ」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル