Study of the U(p,K+) reaction at Tp =1.0 GeV and 1.5 GeV

Z. Rudy, W. Borgs, W. Cassing, T. Hermes, L. Jarczyk, B. Kamys, H. R. Koch, P. Kulessa, R. Maier, H. Ohm, D. Prasuhn, K. Pysz, O. W.B. Schult, A. StrzaŁkowski, Y. Uozumi, I. Zychor

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

抄録

The report is presented about first results on measurements of hypernuclei produced by the internal proton beam on uranium target.

本文言語英語
ページ(範囲)3061-3065
ページ数5
ジャーナルActa Physica Polonica B
27
11
出版ステータス出版済み - 12月 1 1996
外部発表はい

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 物理学および天文学(全般)

フィンガープリント

「Study of the U(p,K+) reaction at Tp =1.0 GeV and 1.5 GeV」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル