Study on the yearly change of activity of users in public space:In case of the street furniture setting social experiment in western sidewalk of north building of Grand Front Osaka

寄稿の翻訳タイトル: 公共空間における利用者アクティビティの通年変化に関する研究:「グランフロント大阪北館西側歩道空間における座具設置社会実験」を対象として

Tooya Akiho, Kana Koichi, Hisao Hongwei

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

抄録

A social experiment for the revitalization of the public space is an important issue today. This study focus on the activity caused by the social experiments area setting the street furniture in western sidewalk of north building of Grand Front Osaka. This study first verifies the yearly change as well as effect caused by events of activity. Second, I analyze the type division of each activity and change of atmosphere of space chasing that user in the public space. As a result, this study makes clear the difference between every season and weekday / holiday and clarify the appearance of repeaters and the around effect of the activity.

寄稿の翻訳タイトル公共空間における利用者アクティビティの通年変化に関する研究:「グランフロント大阪北館西側歩道空間における座具設置社会実験」を対象として
本文言語未定義/不明
ページ(範囲)375-382
ページ数8
ジャーナル都市計画論文集
54
3
DOI
出版ステータス出版済み - 10月 2019

フィンガープリント

「公共空間における利用者アクティビティの通年変化に関する研究:「グランフロント大阪北館西側歩道空間における座具設置社会実験」を対象として」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル