ネットワークコンテクストに基づく知的コラボレーションの支援

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

人々の知識の相違や重なりを考慮して効果的にコラボレーションを支援するためには,従来のような場所,時間,プレゼンス等のコンテクストだけでなく,ソーシャルネットワークを含むコミュニティ構造に関連したコンテクストを体系的に考慮する必要がある.本稿では,研究者の学術的なコラボレーションを支援するコミュニティマッピングツールについて述べ,複数のネットワーク構造を考慮したコンテクストアウェアサービスの可能性を議論する.Understanding the differences and overlaps of users' knowldege is important in systems that support intellectual collaboratoin. Therefore, it is desirable to capture and use community-relevant contexts such as social network structures as well as conventional contexts such as location, time, and presence. This paper describes a community mapping tool that provides context-aware services based on multiple network strucutures to support academic collaboration among researchers, and discusses the possibilities of novel context-aware services for supporting intelelctual collaboration.
元の言語Japanese
ページ(範囲)1-6
ページ数6
ジャーナル研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)
2011
発行部数25
出版物ステータス出版済み - 7 7 2011

これを引用

@article{e2047cde82e94e58bb30201f7dd75efd,
title = "ネットワークコンテクストに基づく知的コラボレーションの支援",
abstract = "人々の知識の相違や重なりを考慮して効果的にコラボレーションを支援するためには,従来のような場所,時間,プレゼンス等のコンテクストだけでなく,ソーシャルネットワークを含むコミュニティ構造に関連したコンテクストを体系的に考慮する必要がある.本稿では,研究者の学術的なコラボレーションを支援するコミュニティマッピングツールについて述べ,複数のネットワーク構造を考慮したコンテクストアウェアサービスの可能性を議論する.Understanding the differences and overlaps of users' knowldege is important in systems that support intellectual collaboratoin. Therefore, it is desirable to capture and use community-relevant contexts such as social network structures as well as conventional contexts such as location, time, and presence. This paper describes a community mapping tool that provides context-aware services based on multiple network strucutures to support academic collaboration among researchers, and discusses the possibilities of novel context-aware services for supporting intelelctual collaboration.",
author = "新一 木實",
year = "2011",
month = "7",
day = "7",
language = "Japanese",
volume = "2011",
pages = "1--6",
journal = "研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)",
number = "25",

}

TY - JOUR

T1 - ネットワークコンテクストに基づく知的コラボレーションの支援

AU - 木實, 新一

PY - 2011/7/7

Y1 - 2011/7/7

N2 - 人々の知識の相違や重なりを考慮して効果的にコラボレーションを支援するためには,従来のような場所,時間,プレゼンス等のコンテクストだけでなく,ソーシャルネットワークを含むコミュニティ構造に関連したコンテクストを体系的に考慮する必要がある.本稿では,研究者の学術的なコラボレーションを支援するコミュニティマッピングツールについて述べ,複数のネットワーク構造を考慮したコンテクストアウェアサービスの可能性を議論する.Understanding the differences and overlaps of users' knowldege is important in systems that support intellectual collaboratoin. Therefore, it is desirable to capture and use community-relevant contexts such as social network structures as well as conventional contexts such as location, time, and presence. This paper describes a community mapping tool that provides context-aware services based on multiple network strucutures to support academic collaboration among researchers, and discusses the possibilities of novel context-aware services for supporting intelelctual collaboration.

AB - 人々の知識の相違や重なりを考慮して効果的にコラボレーションを支援するためには,従来のような場所,時間,プレゼンス等のコンテクストだけでなく,ソーシャルネットワークを含むコミュニティ構造に関連したコンテクストを体系的に考慮する必要がある.本稿では,研究者の学術的なコラボレーションを支援するコミュニティマッピングツールについて述べ,複数のネットワーク構造を考慮したコンテクストアウェアサービスの可能性を議論する.Understanding the differences and overlaps of users' knowldege is important in systems that support intellectual collaboratoin. Therefore, it is desirable to capture and use community-relevant contexts such as social network structures as well as conventional contexts such as location, time, and presence. This paper describes a community mapping tool that provides context-aware services based on multiple network strucutures to support academic collaboration among researchers, and discusses the possibilities of novel context-aware services for supporting intelelctual collaboration.

M3 - 記事

VL - 2011

SP - 1

EP - 6

JO - 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)

JF - 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)

IS - 25

ER -