書評 高村直助編著『明治前期の日本経済--資本主義への道』

研究成果: Contribution to journalBook/Film/Article review

抄録

これまで企業勃興期・産業革命期・日露戦後期などの実証研究を進めてきた高村直助氏を中心とするグループによる、明治前期を対象とした論文集に対する書評。これまで別個の研究対象として語られることの多かった、政府・産業・投資家等と一体的に把握しようとした点が評価される。そして、政府の殖産興業政策にすべて依存するのではなく、民間の活力による多様な経済発展を強調しており、産地間競争などを論じてきた従来の研究史を踏まえた議論の進展が望まれることを強調した。
寄稿の翻訳タイトルTAKAMURA Naosuke, Meiji Zenki no Nihon Keizai (The Early Meiji Era Economy: The Road to Japanese Capitalism) Tokyo, 2004
本文言語Japanese
ページ(範囲)1437-1445
ページ数9
ジャーナル史學雜誌
114
8
出版ステータス出版済み - 8 2005

引用スタイル