多地点接続症例検討遠隔会議におけるユーザー体感品質を考慮した技術的課題 (JTTA 2018 FUKUOKA 第22回日本遠隔医療学会学術大会)

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)155-158
ページ数4
ジャーナル日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare
14
発行部数2
出版物ステータス出版済み - 10 2018

これを引用

@article{7d2b14082a78428ba72619b0b41e7459,
title = "多地点接続症例検討遠隔会議におけるユーザー体感品質を考慮した技術的課題 (JTTA 2018 FUKUOKA 第22回日本遠隔医療学会学術大会)",
author = "俊太 富松 and 孔梨子 工藤 and 智彦 森山 and 康之 平井 and 紀子 磯部 and 周次 清水",
year = "2018",
month = "10",
language = "Japanese",
volume = "14",
pages = "155--158",
journal = "日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare",
issn = "1880-800X",
publisher = "日本遠隔医療学会",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 多地点接続症例検討遠隔会議におけるユーザー体感品質を考慮した技術的課題 (JTTA 2018 FUKUOKA 第22回日本遠隔医療学会学術大会)

AU - 富松, 俊太

AU - 工藤, 孔梨子

AU - 森山, 智彦

AU - 平井, 康之

AU - 磯部, 紀子

AU - 清水, 周次

PY - 2018/10

Y1 - 2018/10

M3 - 記事

VL - 14

SP - 155

EP - 158

JO - 日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare

JF - 日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare

SN - 1880-800X

IS - 2

ER -