宮崎演習林の学術参考保護林と見本林(3)

久保田 勝義, 壁村 勇二, 鍜治 清弘, 椎葉 康喜, 内海 泰弘, 智和 正明, 榎木 勉

研究成果: Contribution to journalArticle査読

抄録

九州大学農学部附属演習林宮崎演習林第6次森林管理計画書(2006~2015年)で設定とモニタリングが指定されている学術参考保護林と見本林のうち,シナノキ学術参考保護林,ヒコサンヒメシャラ・マンサク学術参考保護林,ヒメコマツ・アカマツ学術参考保護林,レンゲツツジ学術参考保護林を2008年度に設定した。レンゲツツジ学術参考保護林を除く3カ所の学術参考保護林で,20m×20mの調査プロットにおいて環境省のモニタリングサイト1000に準拠した毎木調査を行った。その結果,樹種数・個体数とも最も多かったヒメコマツ・アカマツ学術参考保護林では20種151個体が出現し,樹種数・個体数の少なかったシナノキ学術参考保護林では11種45個体が生育していた。
寄稿の翻訳タイトルThe preselved and model forests of Shiiba research forest (3)
本文言語日本語
ページ(範囲)24-28
ページ数5
ジャーナルBulletin of the Kyusyu University Forests
91
出版ステータス出版済み - 3 2010

引用スタイル