時間並列計算法の研究開発動向及び将来展望

飯塚 幹夫, 小野 謙二, 加藤 千幸

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

抄録

エクサスケールのスーパーコンピュータ時代を前に,新たな並列性を生む計算科学技術として期待される時間並列計算法の研究開発動向,計算法概要一応用例,その課題及び将来の展望について述べる.
元の言語Japanese
ページ1-3
ページ数3
出版物ステータス出版済み - 10 10 2015

これを引用

時間並列計算法の研究開発動向及び将来展望. / 飯塚幹夫; 小野謙二; 加藤千幸.

2015. 1-3.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

@conference{dac75333e830453cb22d9e2b5c22b79e,
title = "時間並列計算法の研究開発動向及び将来展望",
abstract = "エクサスケールのスーパーコンピュータ時代を前に,新たな並列性を生む計算科学技術として期待される時間並列計算法の研究開発動向,計算法概要一応用例,その課題及び将来の展望について述べる.",
author = "幹夫 飯塚 and 謙二 小野 and 千幸 加藤",
year = "2015",
month = "10",
day = "10",
language = "Japanese",
pages = "1--3",

}

TY - CONF

T1 - 時間並列計算法の研究開発動向及び将来展望

AU - 飯塚, 幹夫

AU - 小野, 謙二

AU - 加藤, 千幸

PY - 2015/10/10

Y1 - 2015/10/10

N2 - エクサスケールのスーパーコンピュータ時代を前に,新たな並列性を生む計算科学技術として期待される時間並列計算法の研究開発動向,計算法概要一応用例,その課題及び将来の展望について述べる.

AB - エクサスケールのスーパーコンピュータ時代を前に,新たな並列性を生む計算科学技術として期待される時間並列計算法の研究開発動向,計算法概要一応用例,その課題及び将来の展望について述べる.

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/110010044338

M3 - 論文

SP - 1

EP - 3

ER -