風車ウエイクの「ゆらぎ」について

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

The wake of a wind turbine generator (WTG) operated at the optimal tip speed ratio is simulated by using a large eddy simulation (LES) technique. In the present study, undulating motions are observed in the wake at downstream distances larger than approximately 5D (D : rotor diameter of WTG).
寄稿の翻訳タイトルUndulating Motions of Wake Flows behind the Wind Turbine Generator
本文言語日本語
ページ(範囲)113-114
ページ数2
ジャーナル日本風工学会年次研究発表会・梗概集
2015
0
DOI
出版ステータス出版済み - 2015

フィンガープリント

「風車ウエイクの「ゆらぎ」について」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル