図書館におけるオーバーヘッド非接触式スキャナSV600の活用: 貴重書の電子化と保存のために

中川 諭, 中里見 敬

研究成果: Contribution to journalArticle

抄録

2013年7月,富士通社よりScanSnap SV600という革新的なスキャナが発売された.このスキャナは上部から光を当てて画像データを取り込むものであり,従来のスキャナとは読み取り方式が根本的に異なる.さらに読み取り後パソコン上にて歪み修正などが可能である.この機能は,一般的な洋装本の書籍のみならず,和本や漢籍のような線装本の読み込みにこそ有効なのではないか.SV600を用いて実際に漢籍の版本を読み取った実践例を紹介し,版本研究・書誌学研究と図書館資料のデジタル画像化の観点から,SV600活用の意義を述べる.
寄稿の翻訳タイトルUtilization of Overhed-Style Contactless SV600: Rare Book Digitization and Conservation
本文言語日本語
ページ(範囲)1-7
ページ数7
ジャーナル九州大学附属図書館研究開発室年報
DOI
出版ステータス出版済み - 10 2014

引用スタイル