最新のキャピラリー電気泳動とチップ電気泳動  キャピラリー・マイクロチップ電気泳動のための粘性可変分離媒体

加地 範匡, 岡本 行広, 渡慶 次学, 馬場 嘉信

    研究成果: Contribution to journalArticle査読

    抄録

    Various kinds of functional polymers have been developed for capillary and microchip electrophoresis. A versatile alternative to entangled and random-coiled polymers, Pluronic F127, is a typical functional polymer for a DNA separation matrix in microchip electrophoresis. This temperature-sensitive and viscosity-tunable polymer provided excellent resolutions over a wide range of DNA sizes based on a different separation mechanism compared with conventional polymers such as cellulose-derivatives. In this review, we will describe different type of viscosity-tunable polymers as well as our recent work using Pluronic F127.<br>
    寄稿の翻訳タイトルViscosity-tunable polymers for capillary and microchip electrophoresis.
    本文言語日本語
    ページ(範囲)95-99
    ページ数5
    ジャーナル生物物理化学 = Journal of Electrophoresis
    52
    3
    DOI
    出版ステータス出版済み - 2008

    フィンガープリント

    「最新のキャピラリー電気泳動とチップ電気泳動  キャピラリー・マイクロチップ電気泳動のための粘性可変分離媒体」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

    引用スタイル