ビジュアル・ジョイン:実空間コンテンツの仮想融合モデル

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

抄録

人は日常空間に存在する様々な情報表現(コンテンツ)を利用して情報活動を行う.この際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.我々は,携帯端末のカメラ機能を利用して複数の実空間コンテンツを重ね合わせる操作によって,複数の実空間コンテンツに含まれる情報をユーザが効率的かつ効果的に利用可能な機構を開発中である.ここでは,重ね合わせられた実空間コンテンツを,相互の意味内容に基づいて仮想的に融合し,拡張現実として携帯端末上のディスプレイに表示する.この際,存在する実空間コンテンツの種類には多様性があり,重ね合わせのパターンによって複数の融合形式が考えられるため,それらの融合を統一的に扱うモデルが必要である.本論文では,複数の実空間コンテンツの意味構造とレイアウト構造に基づいて,それらを融合した視覚表現を生成する一般的なモデルとして,ビジュアル・ジョイン演算を提案する.ビジュアル・ジョイン演算では,複数の実空間コンテンツに含まれる画像を,その意味的な関係に基づいて融合可能である.ここで,画像の融合はアフィン変換に基づいて行われるが,そのパラメータは画像のメタデータに基づいて自動的に決定される.さらに,提案手法に基づいたプロトタイプ・システムを用いた被験者実験により有効性を評価する.People utilize various presentations of information (contents) in their daily life for information activities. In such cases, people often integrate the information included in multiple contents. We have been working for development of a system which enables a user to browse information represented in multiple real world contents effectively and efficiently. In this system, a user can integrate virtually multiple real world contents on the basis of their semantic relationship on the display of a mobile device as augmented reality by overlapping operations. There are various types of real world contents and we can suppose some types of integration methods according to overlapping patterns, so a unified integration model is necessary. In this paper, we propose the visual join function, which is a model to integrate virtually real world contents based on their semantic structures and their layout structures. Then, we discuss the effectiveness of the proposed model based on the results of the user studies using our prototype system.
元の言語Japanese
ページ(範囲)17-30
ページ数14
ジャーナル情報処理学会論文誌データベース(TOD)
5
発行部数1
出版物ステータス出版済み - 3 29 2012

これを引用

ビジュアル・ジョイン:実空間コンテンツの仮想融合モデル. / 武田十季; 鶴野玲治; 牛尼剛聡.

:: 情報処理学会論文誌データベース(TOD), 巻 5, 番号 1, 29.03.2012, p. 17-30.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

@article{d9c77d1cd8694a3cb9e8ba18e95a268e,
title = "ビジュアル・ジョイン:実空間コンテンツの仮想融合モデル",
abstract = "人は日常空間に存在する様々な情報表現(コンテンツ)を利用して情報活動を行う.この際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.我々は,携帯端末のカメラ機能を利用して複数の実空間コンテンツを重ね合わせる操作によって,複数の実空間コンテンツに含まれる情報をユーザが効率的かつ効果的に利用可能な機構を開発中である.ここでは,重ね合わせられた実空間コンテンツを,相互の意味内容に基づいて仮想的に融合し,拡張現実として携帯端末上のディスプレイに表示する.この際,存在する実空間コンテンツの種類には多様性があり,重ね合わせのパターンによって複数の融合形式が考えられるため,それらの融合を統一的に扱うモデルが必要である.本論文では,複数の実空間コンテンツの意味構造とレイアウト構造に基づいて,それらを融合した視覚表現を生成する一般的なモデルとして,ビジュアル・ジョイン演算を提案する.ビジュアル・ジョイン演算では,複数の実空間コンテンツに含まれる画像を,その意味的な関係に基づいて融合可能である.ここで,画像の融合はアフィン変換に基づいて行われるが,そのパラメータは画像のメタデータに基づいて自動的に決定される.さらに,提案手法に基づいたプロトタイプ・システムを用いた被験者実験により有効性を評価する.People utilize various presentations of information (contents) in their daily life for information activities. In such cases, people often integrate the information included in multiple contents. We have been working for development of a system which enables a user to browse information represented in multiple real world contents effectively and efficiently. In this system, a user can integrate virtually multiple real world contents on the basis of their semantic relationship on the display of a mobile device as augmented reality by overlapping operations. There are various types of real world contents and we can suppose some types of integration methods according to overlapping patterns, so a unified integration model is necessary. In this paper, we propose the visual join function, which is a model to integrate virtually real world contents based on their semantic structures and their layout structures. Then, we discuss the effectiveness of the proposed model based on the results of the user studies using our prototype system.",
author = "十季 武田 and 玲治 鶴野 and 剛聡 牛尼",
year = "2012",
month = "3",
day = "29",
language = "Japanese",
volume = "5",
pages = "17--30",
journal = "情報処理学会論文誌データベース(TOD)",
issn = "1882-7799",
publisher = "一般社団法人情報処理学会",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - ビジュアル・ジョイン:実空間コンテンツの仮想融合モデル

AU - 武田, 十季

AU - 鶴野, 玲治

AU - 牛尼, 剛聡

PY - 2012/3/29

Y1 - 2012/3/29

N2 - 人は日常空間に存在する様々な情報表現(コンテンツ)を利用して情報活動を行う.この際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.我々は,携帯端末のカメラ機能を利用して複数の実空間コンテンツを重ね合わせる操作によって,複数の実空間コンテンツに含まれる情報をユーザが効率的かつ効果的に利用可能な機構を開発中である.ここでは,重ね合わせられた実空間コンテンツを,相互の意味内容に基づいて仮想的に融合し,拡張現実として携帯端末上のディスプレイに表示する.この際,存在する実空間コンテンツの種類には多様性があり,重ね合わせのパターンによって複数の融合形式が考えられるため,それらの融合を統一的に扱うモデルが必要である.本論文では,複数の実空間コンテンツの意味構造とレイアウト構造に基づいて,それらを融合した視覚表現を生成する一般的なモデルとして,ビジュアル・ジョイン演算を提案する.ビジュアル・ジョイン演算では,複数の実空間コンテンツに含まれる画像を,その意味的な関係に基づいて融合可能である.ここで,画像の融合はアフィン変換に基づいて行われるが,そのパラメータは画像のメタデータに基づいて自動的に決定される.さらに,提案手法に基づいたプロトタイプ・システムを用いた被験者実験により有効性を評価する.People utilize various presentations of information (contents) in their daily life for information activities. In such cases, people often integrate the information included in multiple contents. We have been working for development of a system which enables a user to browse information represented in multiple real world contents effectively and efficiently. In this system, a user can integrate virtually multiple real world contents on the basis of their semantic relationship on the display of a mobile device as augmented reality by overlapping operations. There are various types of real world contents and we can suppose some types of integration methods according to overlapping patterns, so a unified integration model is necessary. In this paper, we propose the visual join function, which is a model to integrate virtually real world contents based on their semantic structures and their layout structures. Then, we discuss the effectiveness of the proposed model based on the results of the user studies using our prototype system.

AB - 人は日常空間に存在する様々な情報表現(コンテンツ)を利用して情報活動を行う.この際,複数のコンテンツに含まれる情報を統合して利用することが多い.我々は,携帯端末のカメラ機能を利用して複数の実空間コンテンツを重ね合わせる操作によって,複数の実空間コンテンツに含まれる情報をユーザが効率的かつ効果的に利用可能な機構を開発中である.ここでは,重ね合わせられた実空間コンテンツを,相互の意味内容に基づいて仮想的に融合し,拡張現実として携帯端末上のディスプレイに表示する.この際,存在する実空間コンテンツの種類には多様性があり,重ね合わせのパターンによって複数の融合形式が考えられるため,それらの融合を統一的に扱うモデルが必要である.本論文では,複数の実空間コンテンツの意味構造とレイアウト構造に基づいて,それらを融合した視覚表現を生成する一般的なモデルとして,ビジュアル・ジョイン演算を提案する.ビジュアル・ジョイン演算では,複数の実空間コンテンツに含まれる画像を,その意味的な関係に基づいて融合可能である.ここで,画像の融合はアフィン変換に基づいて行われるが,そのパラメータは画像のメタデータに基づいて自動的に決定される.さらに,提案手法に基づいたプロトタイプ・システムを用いた被験者実験により有効性を評価する.People utilize various presentations of information (contents) in their daily life for information activities. In such cases, people often integrate the information included in multiple contents. We have been working for development of a system which enables a user to browse information represented in multiple real world contents effectively and efficiently. In this system, a user can integrate virtually multiple real world contents on the basis of their semantic relationship on the display of a mobile device as augmented reality by overlapping operations. There are various types of real world contents and we can suppose some types of integration methods according to overlapping patterns, so a unified integration model is necessary. In this paper, we propose the visual join function, which is a model to integrate virtually real world contents based on their semantic structures and their layout structures. Then, we discuss the effectiveness of the proposed model based on the results of the user studies using our prototype system.

M3 - 記事

VL - 5

SP - 17

EP - 30

JO - 情報処理学会論文誌データベース(TOD)

JF - 情報処理学会論文誌データベース(TOD)

SN - 1882-7799

IS - 1

ER -