ディエゲーシスからミメーシスへ: 虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷(3) : 1800年前後のディエゲーシス的テクスト(ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』と『親和力』) (有村隆廣教授退官記念号)

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)47-59
ページ数13
ジャーナル独仏文學研究
50
出版物ステータス出版済み - 2000

これを引用

@article{5c6b2094997545ce9e9e3aa238217f02,
title = "ディエゲーシスからミメーシスへ: 虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷(3) : 1800年前後のディエゲーシス的テクスト(ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』と『親和力』) (有村隆廣教授退官記念号)",
author = "吉雄 阿部",
year = "2000",
language = "Japanese",
volume = "50",
pages = "47--59",
journal = "独仏文學研究",
issn = "0417-8890",
publisher = "九州大学",

}

TY - JOUR

T1 - ディエゲーシスからミメーシスへ

T2 - 虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷(3) : 1800年前後のディエゲーシス的テクスト(ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』と『親和力』) (有村隆廣教授退官記念号)

AU - 阿部, 吉雄

PY - 2000

Y1 - 2000

M3 - 記事

VL - 50

SP - 47

EP - 59

JO - 独仏文學研究

JF - 独仏文學研究

SN - 0417-8890

ER -