ディエゲーシスからミメーシスへ: 虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷(1) : 具体的作品(ゴットフリート・ケラーの『緑のハインリヒ』)による理論の検証

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

元の言語Japanese
ページ(範囲)23-34
ページ数12
ジャーナル独仏文學研究
49
出版物ステータス出版済み - 1999

これを引用

@article{dc7c2bb381b94e0c8428a18cc124f6fe,
title = "ディエゲーシスからミメーシスへ: 虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷(1) : 具体的作品(ゴットフリート・ケラーの『緑のハインリヒ』)による理論の検証",
author = "吉雄 阿部",
year = "1999",
language = "Japanese",
volume = "49",
pages = "23--34",
journal = "独仏文學研究",
issn = "0417-8890",
publisher = "九州大学",

}

TY - JOUR

T1 - ディエゲーシスからミメーシスへ

T2 - 虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷(1) : 具体的作品(ゴットフリート・ケラーの『緑のハインリヒ』)による理論の検証

AU - 阿部, 吉雄

PY - 1999

Y1 - 1999

M3 - 記事

VL - 49

SP - 23

EP - 34

JO - 独仏文學研究

JF - 独仏文學研究

SN - 0417-8890

ER -