条件節中のwillと現実味 (野口健司教授・逢坂収教授退官記念号)

松村 瑞子

研究成果: Contribution to journalArticle

寄稿の翻訳タイトルWill in If-Clauses and Actuality (In Honour of Professor Kenji Noguchi and Professor Osamu Osaka On the Occasion of Their Retirement)
本文言語Japanese
ページ(範囲)83-90
ページ数8
ジャーナル英語英文学論叢 = Studies in English language and literature
45
DOI
出版ステータス出版済み - 2 1995

引用スタイル